×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終更新 11/10/20
2次(クレリック)スキル考察


早見表

マジックドレインMAX:20テレポートMAX:20
ヒールMAX:20ガードMAX:15
ブレスMAX:15ホーリーアローMAX:20
スペルマスタリーMAX:20ハイウィズダムMAX:10



 
マジックドレイン  略称:「ドレイン」など

パッシブ レベル別効果リスト
スキル説明:魔法攻撃時、一定確率で敵のMPを吸収する。ただし、敵のMPが0なら吸収することができない。
習得条件:スペルマスタリー 5レベル以上※
考察
魔法使いの黒字を支えるスキルです。このスキルのありがたみを感じるのは3次からでしょうね。
70までの敵では吸えるMPより消費MPの方が多くなりがちですし。

黒字狩りがしたい方はMAX必須ですが、敵の攻撃が激しいと吸えるMPよりもMGで消費するMPの方が多くなりがちです。
マジックドレインを過信せず、消費を少し抑えてくれる程度に考えておくといいでしょう。
発動時SS(スクリーンショット)

発動したら自分の周りを青いエフェクトがくるくると回ります。
かなり控えめなエフェクトですが、スキルの性質を表している感じで私は好きですね。


 
テレポート  略称:「テレポ」

アクティブ レベル別効果リスト
スキル説明:一定距離を瞬間移動する。上、下、左、右方向キーと共に押すと、該当の方向に移動することができる。
考察
(私的に)魔法使いの代名詞スキルです。

単なる移動スキルにあらず。このスキルなかなか侮れないもので、使えば使うほど奥深さがでてきます。
まず、このスキルはほとんどの攻撃スキルのディレイ(待機時間、硬直時間とも言いますね)を無視して発動できます。
聖魔は発動後にディレイがあるものが多く、敵の攻撃をただ受けるだけの状態が多いです。 ですが、テレポートでその場から動くことにより、敵または攻撃魔法等を避ける事ができます。

もちろん、連続して使用すれば移動用としてもかなり優秀で、銀イノシシや、レッドドラコ(4次のライディングスキル)よりも素早く移動できます。
MAXにすべきスキルですが、とりあえず1だけ振って、ヒールを育てるのが一般的のようです。
発動時SS(スクリーンショット)

一瞬で移動する様子を表しているエフェクトです。


 
ヒール

アクティブ レベル別効果リスト
スキル説明:周りにいるグループ員のHPを回復させる。スキル判定範囲中にいるアンデッドモンスターはダメージを受ける。
考察:
クレリックの代名詞スキルです。
ただHPを回復させるだけなら、ソロ狩りでは何の役にも立たないのですが、 アンデッドモンスターに対してのみ、ダメージを与える事が出来ます。 アンデッドとは分かりやすく言うなら幽霊、骨のようなこの世以外の力で動いている者のことです。

つまり、アンデッドモンスターに対しては自分のHPを回復しながら狩る事ができるのです。
とはいえ、アンデッドモンスターのいる良い狩場は少なく ちなみに聖魔の攻撃スキルでは、このヒールのみ空中で発動出来ます。
敵の群れを突っ切る時はジャンプヒールしながら移動する、というスタイルが一番安全で早いでしょう。
MAXにするべきスキルです。
発動時SS(スクリーンショット)

緑色の・・・魔法?みたいな物が自分を包みます。
仲間にかかった場合もこの緑色のちっこいエフェクトが出ます。


 
ガード

アクティブ レベル別効果リスト
スキル説明:一定時間、自分が受ける全てのダメージを減少させる。
習得条件:ヒールLv5以上※
考察
全てのダメージをパーセンテージで減らしてくれるスキルです。
MAXで20%減らしてくれますから、ダメージが増えてくる3次以降の方が効果を実感する事ができます。

MAXにするべきスキルではありますが、他のスキルの優先度が高いので、後回しでも構いません。  ブレスより先に振るか後に振るか。そのあたりが前後するでしょう。
発動時SS(スクリーンショット)

十字型のエフェクト。少々地味ですが私は気に入ってます。


 
ブレス

アクティブ レベル別効果リスト
スキル説明:一定時間、周辺のグループ員の攻撃力、魔力、防御力、命中、回避を高めてくれる。他のバフスキルと重複して使用できる。
習得条件:ガードLv5以上※
考察
攻撃、魔法、防御、命中、回避と、ほぼ全てのステータスを上げるまさに補助の極みのごときスキル。
他のバフスキルや薬と重複可能なので、グループ員にかけて怒られることはありません。積極的に使ってあげましょう。

ソロ狩りがメインの人でも火力や効率向上のために振ることをお勧めします。
MAX推奨スキル。
発動時SS(スクリーンショット)

以前とはエフェクトが変わり、表示時間も縦の長さもずいぶん短いものになりました。
エフェクトが早すぎてちょっと残念ですね。
ちなみに仲間にかかった場合、妖精2人が何か液体をかけているようなエフェクトがでます。
ブレスのスキルキーのアイコンがまさにそれを表している所からも、グループ用スキルという事がわかりますね。


 
ホーリーアロー

アクティブ レベル別効果リスト
スキル説明:聖なる矢を召喚し多数の敵に撃つ。アンデットや悪魔系列の敵に大ダメージ
考察
初めての聖属性攻撃魔法です。そしてクレリックの主力スキルです。

注意点として、このスキルは複数攻撃とはいえ有弾系なので、段差や壁などで消えます。
横の範囲は広いのですが、段差などで消える性質から攻撃のしにくいマップでは使いにくくてしょうがないです。
逆をいえば平坦なマップを選べば十分な威力を発揮します。


※3次以上の聖魔ではほとんど使わなくなるので、スキル再配分の書で振りなおす時は捨てた方がいいと思います。
発動時SS(スクリーンショット)

魔力で弓を作り、矢を撃ちます。
しかし、どうみても弓自体を矢に変えて発射しているので、最初に弓の形にする意味があるのか疑問です。


 
スペルマスタリー

パッシブ レベル別効果リスト
スキル説明:魔法熟練度と魔力を向上させる。
考察
単純に熟練度を上げるスキルですが、効果が大きいのでヒールが育った後、あるいはブレスを上げた後などわりと早めに上げるのをオススメします。


 
ハイウィズダム

パッシブ レベル別効果リスト
スキル説明:精神修養を通じて永久的にINTを増加させる。
考察
単純にINTを上げるスキルです。3次する前に上げておけばいいでしょう。